診療日誌

2018.05.28更新

高血圧症や糖尿病では食事療法や運動療法が基本となっている。それと同じようにメンタルをよりよい状態に保つためにはメンタルによい生活習慣を身につけていく必要がある。ここではその方法について取り上げてみる。

1  睡眠時間に気をつける

一応の目安としては、一日6~7時間、しかもできるだけ規則正しくとるように心がける。

2  クヨクヨと考えるくせはつけない

クヨクヨしはじめたら気持ちを切り替えてみよう。

3  問題を抱えている場合には、将来プラスになるであろう解決法をみつけよう

クヨクヨ考えてはいけない。ただしプラスになることは考えていこう。

4   ストレス発散のため、ときどき気分転換をする

義務的にするのではなく、楽しいこと・面白いことをやってみよう。

5  小さくていいので生きがいや目標を探してみる

6  メンタルによくないことはしない

過剰なアルコール摂取・ギャンブル・違法行為・自分にとっても周りの人にとってもよくないことなど。

7  運動をする習慣を身につけていく

スポーツが苦手な方は、ウォーキングでもいいので 毎日の生活に取り入れてみよう。

8  その他

投稿者: 湘南こころのクリニック

2018.05.15更新

略語はわかっている人同士で使う場合には大変便利である。しかしわからない人が聞くと当然であるがさっぱりわからない。{それ何}って聞きたいが{馬鹿にされないかな}と思って聞きづらいことも多い。

略語の例を挙げてみる。先ずはAD。日常生活では{助監督}と考えるのが普通であろう。ちなみに精神神経科ではADといえばアルツハイマー病である。しかしごくたまに不安障害Anxiety Disorderに使われる方もおられるので注意が必要である。

次の例を挙げてみる。SDS。精神科だとSelfrating Depression Scale{うつ性自己評価スケール}であるが、産業医の先生だと安全データシートと捉えて考えられるであろう。

医学用語で同じ略語で二通りの意味のあるものにはほかにもいろいろある。例えばMS。日常生活的にはマイクロソフトかもしれないが、医学的には多発性硬化症である。心臓疾患で僧帽弁狭窄症においてもMSと略すからやはり注意が必要である。

先日講演会を聞きに行ったところ、脳科学者の方がBMIと略されていた。資料の中にBrain Machine Interfaceと書かれていたのでわかったが、医学的にはBody Mass Indexで肥満度などをみる指標である。

このように略語は文脈の中で理解していかないととんだ間違いを起こしかねないので、便利だが厄介な存在ともいえる。

投稿者: 湘南こころのクリニック

2018.05.04更新

日曜日以外の休日はこんな感じで過ごしています。

朝は少し遅めに{と言っても30~60分ぐらいですが}起き、着替えをし、デニーズかドトールに行き、朝食{モーニング}をとります。それから仕事場に出かけ、ゆっくりとやり残した仕事を行います。大抵は書類の作成なんですが、自立支援や障害者手帳や障害者年金の診断書がたまっており、少しずつ片づけていかないとなりません。通常は午前中いっぱいあるいは午後2時ぐらいまでやり、その後は普段できない買い物をしたりしてから、家に戻ります。風呂にゆっくりと入り、その後時間があれば本を読んだりします。

かくして一日が過ぎていくわけですが、連休のときはどこか近場に出かける予定をつくり、食事をしたり、イベントに参加したり、景観を眺めて楽しむようにしています。映画を見るときもあります。少ないわずかな休日です。

今日はiPadを購入し、自撮りをしてみました。しばらくぶりに見た自分の顔がかなり老けて年寄り臭くなってしまっているのに気づき、ああなんたることかと愕然としてしまいました。自分の頭の中の自分とかなりかけ離れてしまったようです。

 

 

投稿者: 湘南こころのクリニック

診療日誌