診療日誌

2014.02.23更新

不安や緊張をなくし、気持を落ち着かせるには<腹式呼吸をする><肩の力をぬく><お守りをもつ><音楽などで気持をまぎらせる><{できる}などの自己暗示をする>などがある。また前向きにやっていこうとか、楽しんでいこうなどの心構えも大切な事柄である。しかし、誰にも出来て、何の道具も必要とせず、簡単に一瞬でできる方法がある。以外に忘れていることであるが、確実で重要で非常に有効な方法だ。それは実はSMILEである。笑うことあるいは意識して笑みをうかべることで不安や緊張は急速に軽減していく。続けておこなえば、少し幸せな気分にもなれる。私はこれをSMILEストレス解消法と名ずけている。SMILE?どうですか?笑みをうかべることで表情がやわらぎ、気持もやわらげてくれるのである。あなたも試してみてください。かならず効果がありますから。

投稿者: 湘南こころのクリニック

2014.02.18更新

精神の病気は主に次のように分けられている。 1、身体の病気から派生して生じる精神の病い{認知症を含む} 2、薬物の不適切な使用にもとずく精神機能の障害{アルコール、覚せい剤の依存症を含む} 3、統合失調症 4、うつ病と躁うつ病 5、ストレスに関連する精神機能の障害{適応障害、PTSDを含む} 6、不安障害などの神経症性障害{パニック障害、強迫性障害を含む} 7、睡眠・食欲・性欲の異常{不眠症、拒食症を含む} 8パーソナリティーの障害 9、発達の障害{知的障害を含む} 10児童・思春期にあらわれる行動および情緒の障害 11その他 以上となっています。

投稿者: 湘南こころのクリニック

2014.02.07更新

最近、曽野綾子さんのエッセイを読んでいてああ幸せってそういうことかあと納得したことがあります。曽野さんは若い頃アフリカに行き、食べるものも何もない国を歩き回ったそうです。あるとき砂漠の真ん中でおじいさんが紅茶を淹れ、満足そうにその紅茶を飲んでいる光景をみて、幸せの原風景をみたといいます。何もかもが満ち足りている日本では<少しでもないことが不幸>に対して何もないところでは<少しでもあれば幸せ>でしょう。考え方ひとつで幸せ感も変えられるのではないでしょうか。たまにはゆっくり息抜きして、温泉につかったり、コーヒーショップでおいしいケーキを食べたり、好きな美術館めぐりをしたり、モモクロのDVDをみたり何でもかまいません、好きなこと、楽しいことをしてほっとする時間を持ったらどうでしょうか。そうしたらちょっとは幸せ気分になれるかもしれませんよ。

投稿者: 湘南こころのクリニック

診療日誌