診療日誌

2020.03.30更新

今後、爆発的な流行を防ぐための方法はこれしかないというものを私なりに考えて、提示します。

 

1  重症でない人については医療機関以外の場所を指定して、地域ごとに検査と治療がおこなえるようにする。例えばであるが、地域にある医師会センターとかが有力である。そこに人と物を集中させる。

 

2  検査キットと治療薬が必要になるが、治療薬としてはアビガンが最も有力であり、政府から取り寄せる。政府がなるべく早くこの決断をしないと、将来大きな判断ミスになるだろう。

 

3  投与をする人としては原則、50~60歳以上とする。また医療者にも予防薬としての使用を認める。

 

4  新コロナ検査・治療センター{仮称}には無症状の人は原則、来ないようにし、軽症でその疑いのある人のみとする。費用については全額、政府負担とし、検査費用・治療費・人件費・雑費等が全て含まれる。

 

5  重症者は地域の救急医療センターに運ばれる。十分量の人工呼吸器を早急に用意する必要がある。

 

6  陽性者は2週間の自宅での外出制限を行い、症状が良くなれば改めて検査を受け、陰性になったら治癒とする。自宅に家族がいる場合は、本人が避難するのではなく、家族が避難するようにする。宿泊先は家族なら受け入れてくれるだろう。宿泊代も政府が負担するといい。

 

 

 

 

 

 

投稿者: 湘南こころのクリニック

SEARCH

CATEGORY

診療日誌